輸入住宅

輸入住宅について

輸入住宅とは海外設計用の住宅の材料などを輸入して、国内で建設することと言われています。 ちゃんとした定義はありません。

輸入住宅の種類

北米型住宅

北米型住宅の特徴はアメリカ西部やカナダなどが発祥でパネル工法である北欧型住宅に対し、北米型住宅は近年日本でも主流になっているツーバイフォー工法を採用しています。 そのほかにログハウス住宅もあります。

北欧型住宅

輸入住宅にも色々なタイプがあり、それぞれの特徴を活かした住宅スタイルになっていると思います。 特徴を挙げると北欧型住宅は寒暖の差がとても激しい地区であるフィンランドやスウェーデンなどの住宅スタイルであるために高い居住性や機能性を持つ住宅です。

輸入住宅の特徴

輸入住宅の特徴は耐久性・耐火性・耐震性が優れていることがあげられると思います。 輸入住宅はもとが寒暖の差が激しいところでの住宅なため、気密性や断熱性、遮音性が非常に高いため、冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことが出来ます。

輸入住宅の寿命

輸入住宅の耐用年数は非常に長いのが特徴だと思います。 それは日本の建物への意識と外国の建物への意識が違うためです。 日本の場合は自分たち世代のみという考え方ですが、外国の場合は子供世代、孫世代まで代々住み続けるスタイルを取っているからです。

輸入住宅の注意点

輸入住宅と日本の住宅

輸入住宅は大掛かりな改築というのはなかなか出来ないため、ライフスタイルを良く考えた上で設計するようにしましょう。 日本の建築方法である柱を立てて建築する方法ではなく、木を積み上げてひとつの面にして建築する方法だからです。

日本の風土に合わせる

輸入住宅にする時の注意点は日本の気候や風土に合うように施工してもらうようにすることだと思います。 台風や梅雨など湿度が高く、雨や風が強い時は全体が木で出来ているため、適度な換気が必要不可欠です。 換気システムや壁や天井、床などに防湿シートなどの対応をしてもらう必要があります。

輸入住宅のアフターフォロー

輸入住宅で使用している部材や部品などは日本で調達できるものと出来ないものがあると思うので、早急なアフターフォローというのは難しいと考えていいと思います。 契約前にその点も確認をするようにしたほうがいいでしょう。